10saibunki
憂いの才女
蔡文姫(サイブンキ)
所属:

CV:吉川未来(MULTI RAID2:蔡文姫)
得意武器:箜篌
「次代のため、美しき旋律を奏でましょう。」
蔡 琰(エン)(さい えん、177年(熹平6年)? - 239年(景初3年)?)は、中国後漢末から魏初の詩人。字は文姫、または昭姫。陳留圉(現在の河南省杞県)出身。父は蔡邕。才女のほまれ高く音律に通じ、また数奇な運命でも知られる。(Wikipediaより)

後漢の議郎蔡邕の娘。才女の誉れ高く、音律にも通ずる深窓の麗人。
乱世の混乱の中、騎馬民族の匈奴に連れ去られるが、これを憐れんだ曹操の手によって助けられた。
物静かで儚げな物腰の内に、聡明さと芯の強さを秘めている。(公式サイト紹介文より)